行政書士とは

行政書士は身近な相談相手です。

「行政書士」がどんな仕事をしているのかご存知でしょうか。
行政書士は、ひとことで言えば、身近な法律家です。
お客様の身の回りで起こりそうな法律上の問題や経営上の相談を受ける「経営法務コンサルタント」なのです。
しかし、行政書士がどんな仕事をしているのかは、一般の人にはなかなか理解されていないのが現状です。
その理由は、何なのでしょう。
行政書士法には、他の法律で制限されているものを除き役所に提出する書類その他権利義務・事実証明に関する書類の作成は、すべて行政書士の業務であると規定されています。つまり、他の法律で「業務としてやってはいけませんよ」と定められていないものはすべて、行政書士の仕事なのです。
他の○○士がやらない業務を包括的に業務としているため、仕事の範囲が非常に幅広くなっています。そのため、結局何をする人かハッキリわからないのです。
具体的な業務を事業内容のページにまとめてありますのでご覧下さい。

 

面倒な手続きもおまかせ下さい。

役所に許可や認可などの申請をしようとするとき、どんな書類をどの役所に出せばよいのか、お困りになったことはありませんか。
お店を始めたい、会社を作りたいがどうしたらよいかよくわからない、とご相談を受けたことはありませんか。
そういうときこそ行政書士の出番です。
許可・認可などは法律によって規制されており、その法律の要件を満たさなければ許可・認可は得られないのです。
行政書士はみなさんの依頼で、難しい法律上の問題やわずらわしい行政手続き一切を、つまり必要となる書類の収集・作成から役所への書類提出代行まですべてをサポートいたします。
行政書士は、「行政」とあなたとの間に立って、いろいろな手続きをあなたに代わって行うことができます。

 

総合的にアドバイスします。

業務遂行上幅広い法律知識を持つ行政書士は、的確なアドバイザーとしてあなたのお役に立ちます。
行政書士は、国家資格であり、信用と品位を保持し誠実に業務を遂行する義務・すみやかに依頼に応じる義務・依頼主の秘密を守る義務などが法律によって定められており、みなさんが安心して依頼できるようになっています。
行政書士業務の範囲にこだわらずに、どんなことでも気軽にご相談ください。
ご相談はこちらからできます。
トラブルなどを相談によって未然に解決するのは行政書士の重要な役目です。
また、仮に行政書士の業務範囲を越えていた場合には、信頼できる専門家を紹介いたします。

メールでのご相談はこちらからどうぞ。